090-1541-1302
9:00-20:00 年中無休
メールフォーム24時間受付


お知らせ

NEWS

2021/07/09

コラム フレンチ・ブル選びのポイント

元気な性格のよい犬を選びたい
情報を集めたら、実際にフレンチ・ブルに会ってみましょう。同じフレンチ・ブルといっても、体型や性格はひとりひとり違います。できれば、元気な体で性格のよい犬を選びたいものです。
元気かどうかは、外見でいくらかは判断できます。できるだけスタンダード(その犬種の標準、犬種団体が作成している)に近い犬を選ぶと間違いがありません。ポイントにあるように目や骨格足などをチェックしてみましょう。また、ブリーダーやペットショップのスタッフに確認してみるのもよいでしょう。
性格は、ほとんどが明るく愛嬌(あいきょう)がありますが、なかには呼んでも後ろに隠れるシャイな犬もいます。最終的には、あなたが好きになれるかどうかの判断です。

ポイント

「バットイヤー」と呼ばれる大きな耳が特徴。つけ根が大きく先が丸くなっているのがよい。

ポイント
口吻
幅広い。口吻(こうふん)は頭蓋(ずがい)の約6分の1がよいとされている。

ポイント

黒くて幅広い。穴は狭くなく、大きく開いているものがよい。

ポイント

幅広く、大きい。頭(とう)頂部(ちょうぶ)はわずかな、アーチになっているのがよい。

ポイント
骨格
子犬でも、がっしりとした印象を持たせる骨格がよい。

ポイント

力強さを感じさせる足がよい。後ろ足は前足より、やや長い。

ポイント
立ち方
立っているとき、前足の幅と高さが正方形のようになるのがよい。

ポイント

つけ根は太く、自然にこぶ状になるかねじれている。

首と背中のラインを見てみよう
立たせた姿を横から見て、体のラインを確認しましょう。正しいラインは左のようになっています。首の長さは長くも短くもなく、背中のラインは腰のあたりでわずかに上にあがっています。

一覧へ戻る