090-1541-1302
9:00-20:00 年中無休
メールフォーム24時間受付


お知らせ

NEWS

2021/08/18

コラム 【お手入れのポイント】各部のお手入れ

つめ
伸びたつめは、事故のもと
つめが伸びているとローリングですべったり、カーペットにつめをひっかけて転んだりします。事故を防ぐためにも定期的につめをチェックし、伸びていたら切ってやりましょう。必ず犬用つめ切りを使います。

・ここがポイント
少しずつカット
一気に短く切ってしまうと血管まで切って、出血することがあります。3~4回にわけて、イラストのように少しずつ切るのがポイント。


肉球
肉球の間をすっきりと
足の裏の被毛が伸びていると、フローリングの床で足をすべらせやすくなります。肉球と肉球の間から被毛がはみ出していたら、ハサミでカットします。

・ここがポイント
細菌や汚れをカット
肉球の間の被毛が伸びていると、細菌や汚れもつきやすくなります。病気予防のためにも、肉球の間はすっきりとさせておきましょう。

[裏ワザ!紹介]
バリカンでカット
肉球の上を、バリカンをすべらせてカットしてもよいでしょう。手早くできます。

---------

フレ・ブルコラム
肉球はクッションの役割
ぷよぷよした肉球は、犬の愛らしさの象徴(しょうちょう)です。でも、かわいいだけでなく、とても、実用的。肉球は、犬が大地を踏んだり、ジャンプしたりするとき、クッションの役割をはたします。肉球で衝撃(しょうげき)のショックを吸収し、足を守っています。
肉球は、犬のエアースニーカーなのです。

---------

ヒゲ
根元からカット
目の上、頬、あごの下のヒゲをバリカンでカットします。ヒゲをカットすると、顔全体がひきしまって見えます。切り残しがないよう、根元からカットします。

・ここがポイント
口を押さえると、動きません
犬を傷つけないように、口を押さえしっかり犬の頭を固定しておこないます。


シワの間
シワは、伸ばしてからお手入れ
顔のシワの問は汚れや湿気がたまりやすい部分。不潔にしておくと皮膚病が発生することも。目のふち、鼻の上、みけんのシワを伸ばして、蒸しタオルかウエットティッシュで拭きます。

・ここがポイント
シワの間にも、毛は生えています。放っておくと、汚れがつくので、ハサミでカットします。


口まわり
皮膚病の予防のため、清潔に
垂れた上唇や、口の脇のシワには、食べかすなどの汚れが入り込みます。皮膚病予防のために食後は蒸しタオルや、ウエットティッシュで拭いて清潔に。

・ここがポイント
食べかすには、細菌がいっぱい
口まわりに、シワの多いフレンチ・ブルは、とくに食後のお手入れが必要。食べかすを放っておくと、細菌が繁殖し、皮膚病をひきおこします。シワを伸ばし、ていねいに汚れを拭き取りましょう。



耳そうじは、毎日でも
比戦的、外耳炎や中耳炎をおこしやすい犬種です。耳のなかが汚れやすい犬は毎日でも耳そうじを。
綿棒に消毒用アルコールをつけてなかを拭きます。

・ここがポイント
垂直に綿棒を入れる
耳の入り口から垂直に下に向かって拭く。犬の耳道はL字型になっているため、垂直に奥まで拭いても耳道を傷つけません。

[裏ワザ!紹介]
鉗子を使うハサミに似た鉗子を使いましょう。刃先にガーゼかコットンを巻きつけ、耳のなかにいれます。耳からまっすぐ入れます。斜めに入れると鼓膜を傷つけるので注意。

・ここがポイント
汚れを防ぐオイル
耳そうじをしたあと、ベビーオイルを塗っておくと汚れにくくなります。

知ってなっ得!
Q なぜ、耳そうじは必要?
A 病気を予防できるからです
耳を不潔にしていると、耳の病気になりやすくなります。とくにミミヒゼンダニが繁殖すると、炎症をおこし、外耳炎、中耳炎をひきおこします。また、かゆみのため、犬もつらい思いをします。足で耳をかき、さらに炎症をひどくすることもあります。



ホウ酸水で拭く
目ヤニなどで目のまわりが汚れていたり、涙やけになりやすいときは、コットンにホウ酸水をつけて拭きます。目のまわりのシワは伸ばして、拭きます。

・ここがポイント
目薬で、キラキラ目をキープ
愛犬用の目薬を常備しておきます。お手入れのあとに目薬をさす習慣があれば、汚れや病気を防げます。



鉗子で歯石をはがす
柔らかいフードを食べさせていると、歯垢がたまります。歯磨きで歯垢をとりのぞいておきます。歯垢が堅くなり、歯石がつき始めたら、鉗子やスケーラーで歯石をはがしましょう。

・ここがポイント
歯は、食べて鍛える
フレンチ・ブルは歯が丈夫な犬種。若いうちは歯磨き代わりに犬用ガムなど固いものをかじらせてやりましょう。


肛門まわり
汚れないよう被毛をカット
お尻のまわりがウンチで汚れないよう、肛門まわりの被毛をバリカンで刈ります。シャンプーのときには、肛門嚢を絞って、たまっている液をだしておきましょう。

・ここがポイント
尻尾に注目!
尻尾が短く、小さいため見逃しがちですが、尻尾まわりも拭いておきましょう。意外に汚れがたまります。

一覧へ戻る