子犬を購入しようと考えた場合、できれば犬舎を見学してから購入するようにしましょう。特にフレンチブルドッグの場合、その毛色によって値段に差があるため色だけを見て決めたりその愛らしさに説明を聞かずに購入してしまうと後でトラブルが発生する可能性も高いです。一見、頑丈そうに見えるフレンチブルドッグですが、実際には体温調整が難しかったりたるんだ皮膚で湿疹ができやすかったり、重い頭を支えるために関節に負担があったりと動物病院にお世話になることが多い犬種なのです。保険の種類は大型犬と同じ分類になります。寿命も短いです。

購入したい子犬がいればまず犬舎見学で子犬の姿を確認するとともに、ブリーダーとコミュニケーションを取って信頼関係を築くようにしましょう。きちんと説明を受けるとともに、譲り受けたあとのトラブル相談などアフターフォローも受けられるようにしておくのです。

大切な命を譲り受けるのです。かわいさだけに気を取られることなく飼い主となるためのマナーを守るようにしましょう。
寿命はあくまで平均なので、きちんと育てれば寿命の年齢でも元気な子はたくさんいます。20歳近くまで生きていたフレンチブルドッグの例もあるのです。

 
 
問い合わせ